133650円 マイセン 【赤葡萄・白葡萄 249590】 コーヒーC/S・28582 ペア meissen コーヒーカップ ソーサー キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 マグカップ・ティーカップ カップ&ソーサー 133650円 マイセン 【赤葡萄・白葡萄 249590】 コーヒーC/S・28582 ペア meissen コーヒーカップ ソーサー キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 マグカップ・ティーカップ カップ&ソーサー 直営ストア マイセン 赤葡萄 白葡萄 249590 コーヒーC S ソーサー meissen 28582 コーヒーカップ ペア コーヒーカップ,249590】,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , マグカップ・ティーカップ , カップ&ソーサー,ペア,133650円,ソーサー,マイセン,【赤葡萄・白葡萄,/mental595671.html,kingrail.jp,コーヒーC/S・28582,meissen コーヒーカップ,249590】,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , マグカップ・ティーカップ , カップ&ソーサー,ペア,133650円,ソーサー,マイセン,【赤葡萄・白葡萄,/mental595671.html,kingrail.jp,コーヒーC/S・28582,meissen 直営ストア マイセン 赤葡萄 白葡萄 249590 コーヒーC S ソーサー meissen 28582 コーヒーカップ ペア

直営ストア マイセン 赤葡萄 白葡萄 249590 コーヒーC S 期間限定の激安セール ソーサー meissen 28582 コーヒーカップ ペア

マイセン 【赤葡萄・白葡萄 249590】 コーヒーC/S・28582 ペア meissen コーヒーカップ ソーサー

133650円

マイセン 【赤葡萄・白葡萄 249590】 コーヒーC/S・28582 ペア meissen コーヒーカップ ソーサー



サイズ:200cc/2客セット
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

ヨーロッパブドウ(ヴィニフェラ種)は、南西アジアから、地中海地域 、中央ヨーロッパ 、モロッコ、ポルトガル、ドイツ北部南部、イラン東北部を原産地とするブドウである。
世界で生産されているワインの原料であるブドウの大半の品種はヨーロッパブドウである。
ワインブドウとして栽培されている品種が、南極を除く全ての大陸の主要なワイン産地にて栽培されている。

2007年、この種のゲノム配列がネイチャー紙上で発表された。
この成果は、イタリアとフランスの研究者による共同研究によるものである。
ブドウは完全にそのゲノム配列が決定された4番目の被子植物であり、この分析結果は、ワインのアロマの特性に関与する遺伝子と植物の進化を理解するに大きく貢献する。

2007年3月には、オーストラリア連邦科学産業研究機構 (CSIRO) のブドウ栽培共同研究センターの科学者は、赤ブドウのVvMYBA1とVvMYBA2 の二つの遺伝子における極めて稀な独立した突然変異が白ブドウを生み出し、それが世界の白ブドウ品種のほぼすべての祖先となったと報告した。
もし、どちらか一つの遺伝子しか変異しなかった場合、ほとんどのブドウは赤色のままであり、今日利用可能な3000種以上の白ブドウ品種は存在しなかったと推測される。

ブドウの利用は、新石器時代にまで遡ることが知られており、1996年に現在のイラン北部にて7000年前のワインの容器が発見された。
この発見は、メソポタミア人や古代エジプト人が、ブドウの栽培とワイン醸造の技術を持っていたさらなる証拠であると示している。
古代ギリシアの哲学者は、ブドウ自体とワインの両方に癒しの力があることを賞賛した。
中国でのブドウの栽培とワイン造りは、2世紀の漢王朝が大宛からヴィニフェラ種を輸入してから始まった 。
しかし、それ以前から、中国の野生のブドウのエビヅルでワイン造りが行われていた。
日本では、古来から山梨県で栽培されている甲州種が日本産ブドウでは唯一のヴィニフェラ種(東洋系)である。だが、その由来については現在も不明な点が多い。

新約聖書の「ヨハネによる福音書」15章1節「わたしはまことの葡萄の木、わたしの父は農夫である。」
2節「 わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。」
3節,4節「わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。」
5節「15:5 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。」と福音されてます。
(法然 親鸞 「歎異抄」 唯円「善人なおもて往生をとぐ いわんや悪人をや」悪人正機説 仏は 実を結ばない枝 をも救われる)

聖餐とはイエス・キリストの最後の晩餐に由来するキリスト教の儀式。「エウカリスト」の日本語訳。
「聖餐」はおもに西方の教派で使われる訳語だが、カトリック教会では「聖体拝領」、「聖体の秘跡」と呼ばれる。
日本の聖公会、プロテスタント教会などでは「聖餐式」とも呼ばれる。
正教会における「聖体礼儀」、「聖体機密」「領聖」に相当する。「主の晩餐」の語はいずれの教派でも使われる。
新約聖書には、イエスが引き渡される前に、弟子たちと最後の食事を共にし、自分の記念としてこの食事を行うよう命じたことが記されている。これが「最後の晩餐」である。
共観福音書によればイエスはパンを取り、「これがわたしのからだである」といい、杯(ワイン)をとり「これがわたしの血である」といって弟子たちに与えた。『コリントの信徒への手紙一』 (11:23-26) にも述べられており、初期からこの儀式が教団内で行われていたことが分かる。
キリスト教徒はこの儀式を行うことで、そこにキリストが現存するという信仰を保持してきたが、宗派によって細かいやり方や考え方は異なっている。
伝統的なカトリックと正教会のキリスト教徒たちは聖餐をサクラメント(秘跡)として行ってきたが、宗教改革以降のプロテスタント教会はあえてこれを秘跡と呼ばず、礼典という呼称を用いる。
これは、「神の救済は人間の行いによるのではなく、信仰のみによる」という考え方から、聖餐の執行そのものを救いの要件とは考えないためである。
ただし、聖餐に何らかの意味を持たせるか、単に象徴的な儀式と考えるかは、教派によって異なる。
多くは、聖餐において神の恵みが人間に伝えられるのではなく、共同体の信仰を示すための儀式であるとしている。
聖母子像によく描かれる葡萄です。

1999年 ハウスメッセ 発表作
20世紀最終年に当たり 
この絵付け 20世紀の若者でもここまで描けるんだとの 気概を見せております。

ヴェレンシュピール
ザビーネ・ワックス女史達が マイセン伝統の優雅さを失う事無く 使っても楽しい「用の美」を求め 口縁に白い波を表現した 作品集です。

偉大なマンネリズムを 標榜し 伝統を受け継ぐ一方で 20世紀の新風を 求めて 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げました。新グロッサー・アウシュニット型が ここから生まれました。

1975年には 更に若い世代によるクンストラー・コレクティヴが立ち上げられ ヴェレンシュピール型「波の戯れホワイト」や「青い花」を 生み出しております。

錬金術師-5
ベトガーにとって 世俗的な白い黄金の 秘法成就は ある達成感は 有りましたが 彼が求める 賢者の石を思えば 科学的才能の浪費であり 心から喜べなかったようです。
彼は 実験室の壁に 自虐的に書いております。
「創造主たる神は 錬金術師を 陶工にしたもうた」

ベトガーは 工場監督に任命され 休む間もなく 赤色磁器(朱泥セッ器)や白磁の商品化に 追い回されました。
王としては 戦費などで 枯渇した国家財政を 立て直す必要から ベトガーに注ぎ込んだ投資金の回収と あがるべき莫大な利益を 目論んだのです。
しかし 商品化には これまでの 苦労以上のものが待ち受けておりました。
赤色磁器は 今までの窯業界が 経験したことのない 硬質性を有し ベトガーは 新しい強力な研磨機の 開発に迫られ これを 成し遂げました。
この研磨機は その後 宝石業界にも 寄与する所となりました。

磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。
古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。
13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ
(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)
と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。
それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。
この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 
ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。
その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 
磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。

一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。
東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3~5年で 1710年に完成させました。
ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。
今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。

マイセン 【赤葡萄・白葡萄 249590】 コーヒーC/S・28582 ペア meissen コーヒーカップ ソーサー

カテゴリー

このブログの主人、フランソワ・シモン

  • SIMON SAYS! FRANCE
    毎日更新フランソワ・シモンの生ブログ。もちろんフランス語。

Simon~Says ! (仏語)

地域別アドレス

フランソワ・シモンのプチ・シネマ by Robert Holden

きまりごと

  • 当ブログの画像・文章などを著作権所有者の許可なく転載・転用することを禁じます。

2013年3 月26日 (火)

2013年3 月25日 (月)

2013年3 月20日 (水)

2013年3 月15日 (金)

2013年3 月14日 (木)

2013年3 月12日 (火)

2013年3 月 5日 (火)

2013年3 月 4日 (月)

2013年2 月27日 (水)

2013年2 月26日 (火)

2013年2 月25日 (月)

2013年2 月22日 (金)

2013年2 月18日 (月)

2013年2 月15日 (金)

2013年2 月13日 (水)

2013年2 月 7日 (木)

2013年1 月29日 (火)

2013年1 月17日 (木)

2013年1 月14日 (月)

2013年1 月11日 (金)

2013年1 月 8日 (火)

2013年1 月 5日 (土)

2013年1 月 4日 (金)

2012年10 月 9日 (火)

2012年10 月 8日 (月)

2012年10 月 5日 (金)

2012年10 月 1日 (月)

2012年9 月29日 (土)

2012年9 月28日 (金)